マスターズ甲子園

屋代高校野球部OB会では、2018年(平成30年)より、長野県高校野球OB・OG連盟に加盟し、2019年(令和元年)よりマスターズ甲子園長野県大会への参加をしています。

マスターズ甲子園2023 長野県大会

2023年(令和5年)の参戦報告(結果・Photo)

マスターズ甲子園2023
雨により翌日に順延された為、参加者は10名のみとなってしまいました。

マスターズ甲子園2022 長野県大会

2022年(令和4年)の参戦報告(結果・Photo)

マスターズ甲子園2022 参戦
2022年

マスターズ甲子園2021 長野県大会

2021年(令和3年)の参戦報告(結果・Photo)

マスターズ甲子園2021
2021年

マスターズ甲子園2019
参加者全員での記念写真(2019年)

マスターズ甲子園とは?

全国の高校野球OB・OGが性別、世代、甲子園出場・未出場、元プロ野球選手、アマチュア等のキャリアの壁を超え、出身校別に同窓会チームを結成し、高校野球経験者なら誰もが憧れる聖地【甲子園球場】で少年の様な気持ちに戻って白球を追いかけ夢の舞台を目指そうとするものです。

参考:マスターズ甲子園公式ホームページ
   長野県高校野球OB・OG連盟ホームページ

出場選手募集について

【参加の意味】
皆が目指した甲子園出場を屋代高校野球班OBが一丸となって挑戦します。マスターズ甲子園長野大会への出場により、OB会員の交流、またOB会の活性化を図れればと考えています。

【出場選手について】
(1)出場選手は屋代高校野球班OB・OGであること。部員のOB・OGとは高校野球部に一時期でも在籍したことのある者とする。
(2)出場選手は大学野球(準硬式を含む)、社会人野球(企業・クラブチーム)、プロ野球の現役選手(監督・コーチ兼任を含む)ではないこと。ただし、これらのOB・OGについては出場を認める。

【参加選手を随時募集しています】
マスターズ甲子園の試合方法は「4回までを34歳以下のチームで行ない、5回以降を35歳以上のチームで行なう。」や「投手は34歳以下のイニングでは27歳以上とする。投手はアウト6個までとする。」、「チームの選手数は34歳以下が9名、35歳以上が11名の最低20名以上でベンチ登録されること」など様々な規定があります。(2020年現在)
よって、たくさんのOB・OGのからのご参加をお待ちしています。

【参加希望の方へ】
参戦のスケジュール等は当サイト、OB会のFacebook・Twitterでお知らせします。また、OB会員のLINEグループもございます。 参加をご希望される方、LINEグループ参加希望の方は事務局までOB会お問い合わせフォームよりご連絡ください。

過去の結果